薄毛あるある探検隊

Just another WordPress site

温泉へ行く流れになりピンチ。

私の年齢は49歳です。職業は事務員をしています。
その日は、子供の部活の母親たちとお疲れ様会をする予定でした。
私が役員もしていませんし、殆ど親の会には貢献できなかったので、最後の行事くらいは参加しなくはいけなと思いながら、行事に参加させてもらいますの返事をメールでしていました。
例年だと夕食と飲み会と言う流れだと聞いていたので、その年もその様になると思っていました。

しかし、実際に会の細かい詳細が分かると、なんと、温泉施設でランチをして、温泉に入るという流れだと分かりました。その学年は凄く仲が良かったので、試合の遠征にも父母たちが同行していると言う事も聞いていましたし、合宿にも積極的参加している事を聞いていたので、その流は仕方がないと思って、当日は生理だと嘘をういて、温泉には入らずにいようとなんて対策も取っていました。
個人的にはあまり親しくない人の前でさらけ出すのが嫌でしたので、当日まで考えていました。

当日は私が思っている以上に楽しい会になりました。タブレットを持参してくれたママさんがいて、試合やこれまでの流れを編集してくれて、私が見たことのない子どもや父母たちのサポートの場面が見られたり、とても感謝の気持ちも動画を見ていると生まれました。
また、一緒にご飯を食べる機会はありませんでしたが、みなさんとても親切でさっぱりとした方ばかりで、素敵なチームに素敵な父母たちの集りだったと本当に感じました。

となると、当然、ランチの後は温泉でゆっくりの流れになり、断れなかったので、覚悟を決めて入る事にしました。しかし一つ問題は、私は産後に二度、かなりの薄毛になり、それからも特にケアをしなかったことから、常にひっつめ状態のお団子にしているのです。神を束ねた部分もかなり細いので、いつもはファイクで部分ウイック的なものをお団子にした部分につけています。

それを取るとかなり貧相な髪形になりますし、もし濡れてしまったら、飛んでもない薄毛に見えるのです。
しかし、想像していた事はある意味的中して、色々なお風呂を回り、ミストサウナで、髪の毛が濡れたので、もう洗う事にしたのです。

温泉を出るときに、私はある意味人前で髪の毛を下ろしたのは10年ぶりくらいでした。
みんな、一瞬とても驚いている様に感じましたが、鏡をみると、本当の落ち武者状態と言うのか、河童状態と言うのか、何しろ情けない自分に自分で笑えました。
恥ずかしかったけど、みなさんとの距離は近くなりました。