薄毛あるある探検隊

Just another WordPress site

夏場の薄毛は帽子でガード

薄毛になって今年初となる海に出かけました。
広い海と少し冷たい海水は今年の猛暑を忘れさせてくれます。
そんな私は、30歳の工事現場で働いています。
なので、毎日ヘルメットをつけて仕事をしているのです。
私は、薄毛に対してそんなに悩みはない方です。
それは元々髪を短くカットしていたからです。
なので、髪の毛の短さに目が慣れてしまったのでしょう。
私は、薄毛と言う自覚も余りなかったのです。
そうして自覚が無いまま気がついたら頭頂部が薄くなっていたのです。
なので、薄毛の対策もしないまま何年かは生活をしていたのです。
そうして、3年前に結婚をして直ぐに子供もできて今の暮らしがあるのです。
しかし、今年の夏には薄毛であることを実感したと共に困りました。
それが、日焼けです。
まさか頭が日焼けをするとは思いませんでした。
その出来事があったのが今年になり海水浴に行った千葉でのことです。
今年は特に暑いので昼間に出かけるのは避けました。
そうして、子供と嫁さんを連れて夜中に出て海水浴場に出かけたのです。
海に着いた時には、サーファー位しかいなかったものの時間が経つと人が増えました。
そうして、日が昇り半日帽子もかぶらず子供と遊んでいました。
子供は波の行ったり来たりが好きだったのか、ずっと浜辺を歩いたり小走りになってぴちゃぴちゃと遊んでいました。
そんな中じりじりと日焼けをしていったのが、背中と薄くなった頭頂部でした。
家に帰りしばらくすると薄くなった頭頂部と背中が日焼け独特の痛さになり冷やそうと氷を袋に入れて冷やしてみようとした時に、背中は冷やせたのですが頭頂部は冷やせませんでした。
それは、頭頂部が余りにも日焼けが凄いからです。
赤くなりすぎて今までにない日焼けのあとでした。
なので、次の日に皮膚科に行き専用のクリームを頂きました。
そうして、クリームを塗って直そうとしたのです。
ですが、クリームの色が白いのです。
なので、塗ると薄くなった髪の毛がよけいに薄く見えるといった具合になってしまいました。
そのため、仕事では隠すように黒いタオルを巻いての仕事スタイルに変わりました。
なので、暑い夏が余計に熱く感じてしまい、休憩時間はボーットするなど大変で困っています。
今では海に行った時に、帽子をシッカリ被っていれば良かったと後悔をしています。
帽子は夏には必需品です。
海に行くのもそうですが、薄毛の方々には頭皮が日焼けしないように使う便利グッツの一つです。
私みたいに日焼けをしてしまっては、後悔が残るので前もって知っていることは伝えます。
夏=薄毛には帽子なのです。
そうしないと日焼けの度合いも変わるので注意です。
また、薄毛の頭頂部が日焼けしたら直ぐに皮膚科に行くといいです。
日焼けの度合いによって直ぐにいい良薬を処方してくれます。
この事で対処がしやすいです。
なので、夏場は帽子で薄毛はガードです。