薄毛あるある探検隊

Just another WordPress site

つむじが白く目立つ!

29歳、ライター
薄毛が気になるようになったのは20代前半ごろです。20代前半に薄毛が気になったのは、髪を縛るときに手につかめる髪の量が少ないなと思ったことがきっかけです。いつもポニーテールにしているのですが、髪がほんの少ししかつかめないことにあるとき気がつきました。毎日少しずつ髪が減ってきていて、少しずつなので気が付くのが遅くなったのかもしれません。

最初はとくに気にしていなかったのですが、薄毛を意識する出来事がありました。
出かけた先でエレベーターに乗ることがありました。ショッピングセンターや自宅のマンションでは防犯カメラを設置していますが、設置していても撮影した画像を本人がみられるようにはなっていません。しかし、出かけた先で乗ったエレベーターにはモニターが設置されていて、カメラで撮影した映像を見られるようになっていました。

その映像を見たとき気がついたことが、つむじがすごく目立つことです。自分のつむじを普段見ることはありません。そのため、つむじを意識したことはなく、地肌が目立つとは思ってもいませんでした。モニターを見ると、頭のてっぺんが白っぽくなっているのです。普段外に出かけるときは帽子をかぶっているので、頭皮が日焼けすることはありません。そのため、地肌が白く目立つのです。

頭のてっぺんが白く目立つなんて自分でおかしくなりました。それと同時に悲しくもなりました。こんなに地肌が目立つなんて、こんなに髪が薄くなっていたなんて。そんな気持ちになりました。私は身長が低い方なので、私よりも身長が高い人から見ると私のつむじが目立っていることがわかっていたのかもしれません。そのことを考えるとちょっとはずかしいです。

そのときは一緒にエレベーターに乗った人がいなかったので、目的の階で降りるまでモニターをじっとみてしまいました。本当によく目立ちます。
このことがあってから、自分の薄毛をとくに意識するようになりました。これまでは髪が減ってきているなとは思っても何も対処しなかったのですが、つむじが余りにも目立つのでまずは食事の改善をしました。健康な髪を作るには食事のバランスを整えることが大切だと思ったからです。1日3食バランスよく食べるようにしています。
モニターが設置されているエレベーターに乗ることはその後ないので、今自分のつむじがどうなっているのかはわかりません。少しでも改善されて目立ちにくくなっているとよいです