薄毛あるある探検隊

Just another WordPress site

バイクに乗っていて起こったハプニング

いつもヘアスタイルを気にして

現在、33歳になる私は普段温泉施設の従業員として働いています。私が体験した薄毛での面白い話は、おんなじ温泉施設に勤務する女性スタッフが薄毛で普段から自分のヘアスタイルを気にしており出勤前や退社後にはすぐに帽子をかぶって頭皮が見えないように隠しながら過ごしていました。

入社した時から気になっていたものの相手が気にしていることだからそっとしておこうと思っていたので薄毛について触れずに過ごしてきました。しかし、ある日いつもなら自転車通勤している同僚が原付で仕事場に現れちょうど私も遅刻ギリギリで駐輪所に自転車を止めているときに出くわしました。

お互いに出勤時間ギリギリで軽い挨拶をする程度で別れるつもりだったのですが、その時同僚がヘルメットを外す際に普段は帽子で隠れている頭皮が見れるのでは?と無意識に彼女の頭に目をやってしまいました。

ヘルメットをとると

その瞬間、彼女のヘルメットが取れた頭皮の下にはなぜか地下アイドル的なイラストが描かれたアニメキャラクターのデザインが施されたバンダナが出現しました。

思わず彼女とのギャップがありすぎる持ち物に吹き出してしまいました。彼女は特に気にした様子はなかったのですが、思わず私が彼女の頭皮に目線を配っていることに気づいた様子で、「これは、えーと妹のを今日は借りてきてまさか見られるともわなくて適当に。」と慌てて言い訳している様子がとても面白おかしく感じました。

あれだけ頭皮を薄毛であることに対して隠していたときには帽子は上品なものをつけていたにもかかわらず、バイクで急ぎできたときにはどこにも売っていないようなちょっと個性が出過ぎなバンダナを巻いている姿には今も強烈に記憶に残っているエピソードとなっています。

いつもと違うギャップに心残るエピソード

彼女とはそのまま一緒に出勤して更衣室で着替えを済ますところまで一緒に過ごしました。

彼女の照れた顔を見ると笑って申し訳ないと思ったのですが、ふだんと異なるギャップには思わず噴出すほど耐えきることができませんでした。もちろん、周りには内緒にしておりお互いにこれまで通り楽しく仕事を行えるように思いやりを持ちながら何事もなかったかのようにいまでは過ごしています。彼女からも必要に何か質問されるということもないので、今は私の心の中だけに残っているエピソードの1つとなっています。それにしても人は急いでいるときは普段ならものすごく気をつけているところも判断が鈍り慌ててしまうと判断がゆるくなるのだと思いました。