薄毛あるある探検隊

Just another WordPress site

抜け毛やハゲは栄養不足が原因⁉ハゲ改善はお口から

男性型脱毛症の名前の由来

男性の95%以上がこの男性型脱毛症になるそうです。そしてこのサイトでは脱毛症の症の字を使っていますが、正式には一種の生理現象で病気ではないのが男性型脱毛症です。

AGAとは

この男性型脱毛症の別名も沢山あるので、少し触れていきたいと思います。思春期以降にハゲることから若年性脱毛症いわゆる若ハゲですね。
AGAとはAndroGenic AlopeciaやAndroGeneticAlopeciaアンドロゲン性脱毛症の略でAGAと呼ばれています。アンドロゲンとは男性ホルモンの種類です。

男性ホルモンの種類

男性ホルモンにはテストステロン(T)・ジヒドロテストステロン(DHT)・アンドロステロン(A)・デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)・アンドロステンジオン

ついでに言うと女性ホルモンには エストロゲン・ エストラジオール・ エストリオール エストロン ・ゲスターゲン ・プロゲステロン等があります。

ハゲの原因は

上記のテスロゲン(遊離テストロゲン)が多いとAGAになりやすい。この遊離テストロゲンとは5αリラクターゼの結合によってによってジヒドロテストステロンに変わる前の物です。5αリラクターゼは遊離テストステロンをDHTへと変換する酵素であり、主に頭皮と前立腺に存在します。

ジヒドロテストステロン

では、5αリラクターゼによってジヒドロテストステロンになり増えていくと身体上の異変やトラブルが増えていきます。

ニキビが増える

思春期の頃ってニキビに悩まされませんでしたか?思春期の男性ホルモンの変化により皮脂が増えることによりニキビが増えるのですが、5αリラクターゼとの結合でジヒドロテストステロンに変化することによりさらにニキビが増えます。

前立腺肥大症の原因

膀胱の下にあり尿道を取り囲んでいるのが前立腺。その前立腺が大きくなる病気が前立腺肥大症です。その原因の一つともいわれているのが、5αリラクターゼと結合したジヒドロテストステロンです。

そして前立腺肥大症を治す薬として開発されたのがフィナステリドと言う薬で、フィナステリドを主成分で作られている毛量を気にしている人ならば1度は聞いたことがあると思うのがプロペシアです。プロペシアは国が認めた発毛剤です。

AGAの原因

上記でも少し触れましたが、男性ホルモンに5αリラクターゼが結合してジヒドロテストステロンになったものがAGAの原因の一つと言われています。5αリラクターゼなのですが個人差があり多いほど男性ホルモンに結合しやすくなります。なので、5αリラクターゼが多いとAGAになりやすいといえるかもしれません。

○○型ハゲ

よく聞くのがⅯ字型ハゲ,О字型ハゲ、U字型ハゲ等があります。髪の毛を気にしている人は一度は聞いたことがあると思います。

М字型ハゲ

М字型ハゲは前頭部がМ字型に薄くなっていくのが特徴です。例えるとドラゴンボールのベジータが典型的なМ字型ハゲですね。一定以上進行しないので疑問に思うかもしれませんが、うらやましいことに現代の科学より発展している日本が舞台なので進行を止める薬があの世界にはあるのでしょう。

О字型ハゲ

頭のてっぺん、頭頂部が丸く薄くなっていくのが特徴です。つむじに絡んでくるので、初期でもさらに薄く見える部分です。通常でも薄く感じるつむじに絡んでいて、目視も難しい場所なので気づくとかなり進行している場所でもあります。少しでも違和感を感じたら対処を始めましょう。

U字型ハゲ

М字型ハゲと違い前頭部が均等に後退していくのがU字型ハゲになります。そして前頭部と頭頂部がくっついた状態、つまりО字型ハゲとU字型ハゲ・М字型ハゲがくついた状態をU字型ハゲと呼ぶ人もいます。

薄毛・ハゲの原因は?

遺伝

ハゲは遺伝すると聞きますが、母型の祖父がハゲている場合は父が禿げているより要注意です。遺伝は隔世遺伝で受け継がれることが多いのです。

生活習慣が悪い人

食事の栄養バランスや適度な運動、寝不足、ストレス、喫煙、飲酒などの生活習慣が悪い人はホルモンバランスの崩れから髪の毛の成長が妨げられます。

頭皮環境の悪化

上記の2つにも関係してくるのですが、薄毛・ハゲ部分には男性ホルモン(テストステロン)があり5αリラクターゼが多い人ほど男性ホルモンと5αリラクターゼが結合してDHT(ジヒドロテストステロン)が増えるために抜け毛が増え髪の毛が薄くなっていきます。

かなり昔からハゲにならない方法があった

50年以上前からハゲにならない方法・ハゲの進行が止まる方法がアメリカで発見されてたのはご存知ですか?。その方法と言うのが、男性の生殖器官をなくすこと。
去勢をすると男性ホルモンが減少することにより、ハゲの進行が止まりハゲにならない事がわかったらしい。また、去勢してAGAの進行が止まった人に男性ホルモンを投与すると投与期間中はハゲが進行することも分かっています。

プロペシアを服用すると、男性の夜の営みの時に元気がなくなると言われているのも薬で疑似的に去勢状態に近くなっているのかもしれません。

50年以上前からそこまでわかっているのに、発毛剤と言われるリアップやプロペシアが発売されたのがここ10年以内とゆうこともあり完璧な発毛剤・AGA治療薬はまだまだ先の事なのかもしれません。早く出来て欲しいって切実に思います。

髪って何でできてる?

そもそもバランス良く栄養を摂りましょうって言われたり書いてたりするけど、髪にはどんな成分があるのかわかりませんよね。

髪の成分

髪の成分には80~90%の割合でケラチンという成分です。このケラチンは髪の毛だけじゃなく爪や皮膚の角質を形成する成分です。

ケラチン?聞いたこともないって人が多いじゃないでしょうか。ケラチンはタンパク質の種類で18種類のアミノ酸から出来ています。

グルタミン酸(Glu)15%・シスチン(Cys)13~16%・ロイシン(Leu)11.3%・アルギニン酸(Alg)10.4%・セリン(Ser)9.41%・アスパラギン酸(Asp)7.27%・スレオニン(Thr)6.8%・プロリン(Pro)6.75%・グリシン(Gly)6.5%・チロシン(Try)5.8%・バリン(Val)4.7%・アラニン(Ala)4.4%・フェニールアラニン(Phe)3.7%・リシン(Lys)3.3%・メチオニン(Met)0.71%・トリプトファン(Trp)0.7%・ヒスチジン(his)0.7%・ヒドロキシプロリン(hyp)0.21%の18種類です。

髪の毛にいい食べ物は?

その中でもシスチンとメチオニンは体で作れない成分なので食べて体に取り込まなくてはいけません。シスチン・メチオニンが含まれる食材を紹介します。

含有率が多い順にシスチンが含まれる材料はカシューナッツ・アーモンド・カツオ・納豆・クルミ
メチオニンはカツオ・サケ・マイワシ・鶏肉・伊勢海老になます。気を付けていれば普段の生活で摂取できるものなので、意識的に取り入れるといいですね。
食事での摂取が難しい場合はサプリメントを取り入れるなどをするのも良いかもしれません。

ミネラルもとりましょう

ミネラルは抜け毛を防ぐのに良いと言われています。特に亜鉛とヨウ素が抜け毛に関係しています。

ヨウ素

一日にヨウ素は約0.13mgの摂取が推奨されていますと言われています。日本人は昆布・わかめ・ヒジキなどの海産物を比較的に摂っていてあまり意識的に摂り入れなくても摂取できているとおもいます。

ヨウ素が多いと言われている昆布は2~2.3㎎つづいてひじき0.45㎎・わかめ0.085㎎と多いのですが、とりすぎも甲状腺のトラブルの原因の一つと言われてます。許容限界量が2.2㎎/1日なので、摂りすぎにも注意が必要です。

亜鉛

亜鉛の一日の推奨量は10㎎です。生牡蠣13㎎・ビーフジャーキー8.8㎎・豚肉(レバー)6.9㎎となっています。許容限界量は成人男性で40㎎成人女性で35㎎です。

食事で摂りすぎる事はないと思いますが、サプリメントは必要量だけ摂り入れて過剰摂取にならないようにしましょう。

まとめ


抜け毛・薄毛・ハゲ改善は食事から。髪の毛も体の一部なので、必ず栄養が必要となります。毎日の栄養バランスを考えて楽しみながら食事をしましょう。