薄毛あるある探検隊

Just another WordPress site

髪が薄かったときあほ毛が目立った私の恥ずかしい体験

私は現在31歳の専業主婦です。今回は、一時的に薄毛になってしまった私のちょっとおかしかったお話です。
私が薄毛で悩んでいた時は、2人目の子供を出産した後でした。1人目を出産した時は薄毛なんて全く考えてもみなかったくらい、髪の毛が抜けるなんてありませんでしたが、2人目を出産したあと、驚くほど髪の毛が抜けてしまいました。

お風呂で髪の毛を洗えばごそっと手にまとわりつくくらいの髪の毛が抜けて、それが毎回なので部分的に自分でもわかるくらい薄くなってしまっていました。
排水溝を詰まらせてしまうなんてことは日常茶飯事でした。

しかし、気にはしていたものの産後のホルモンバランスが元に戻れば自然に治ってくるだろうと思い、髪の毛が薄かった時期は帽子をかぶったりしてごまかせばいいと思っていました。そんな薄毛隠し生活をしていたときのことです。
2人目の子供も生後半年を過ぎてしっかりしてきたので、久しぶりに実家に遊びに行くことになりました。その日も真夏だったのもあり、いつも通り帽子をかぶってちょっと薄いのをカモフラージュして出かけました。

そして、無事実家について帽子をとった時、母が突然笑いながら私に「髪の毛、Q太郎むみたくなってるよ」と言いました。
何のことかと思って鏡を見に行くと、ちょっと薄くなっていた頭頂部の髪の毛部分から、新しく髪の毛が生え始めていたところで、その中途半端に短い髪の毛がぴょんぴょんと跳ねて立っていました。
確かにQ太郎みたいです。

これを見たとき、最初は恥ずかしいと思いましたが、だんだんこのいい感じに立っている短い髪の毛がおかしくなってきて、私も思わず爆笑してしまいました。薄毛が改善されつつあって新しい髪の毛が生えてきたことはよかったですが、この時のクジラのような見た目は何とも言えないマヌケな感じでした。
髪の毛が薄かったせいで新規のぴょうんぴょん跳ねている部分が余計強調されていたんだと思います。
でも、思えば母にあった時に指摘されて気づけたからよかったものの、友達とかだったらこの髪の毛の状態じゃ本当に恥ずかしかっただろうと思います。

第一発見者が母で本当に良かったです。

ここからしばらく髪を結んだりするときには短い髪の毛が出てこないようにちゃんとワックスでおさえたりして乗り切りました。
今、2人目がようやく髪の毛が生えそろい始めたのですが、この時に私のようなぴょんぴょんの毛が生えてきていて面白く見ています。